書籍紹介

リブロ・サイエンスの書籍


表紙を拡大する

研修医の素朴な疑問にお答えします!     

研修医はじめの一歩 −ドキドキの生たまご編−
【巻末特集】末梢点滴ライン確保の心得

ISBN978-4-902496-44-4
定価:本体2500円+税、A5判、376頁、2色刷
発売:2013年3月
編:リブロ・サイエンス編集部
画:maki(本編)、滝浦 了(巻末特集)

本書の特徴

  • それは天国からの贈り物だった。
    他界した父が残した日記から全てが始まる。
    医師を志す主人公・悟史のもとに届いた、父の研修医日記。
    日記を読みながら浮かぶ臨床研修上の数々の疑問。
    研修生活をスタートすると必ず直面するそれらの素朴な疑問について、漫画を交えて楽しく、わかりやすく解説しました。
    巻頭の手術予定表を見ながら日記を読み進めると、臨場感あふれた「誌上」外科ローテートを体験できると思います。
    また、他の医学書には書かれていない挨拶の仕方電話対応の仕方など、「社会人としてのマナー」にも重点を置いて解説しました。
    今までにない、新しいタイプの医学書としてお楽しみください。 研修医はじめの一歩

  • また、研修医の先生がはじめて行う手技のひとつに点滴があります。採血よりもワンランク上の手技で、この習得に悩まれている研修医の方が多く見受けられます。
    そこで「末梢点滴ライン確保の心得」という特集で事細かに解説しましたので、ぜひご一読ください。
    研修医はじめの一歩

  • 主人公の悟史は、このあと、麻酔科と救急をローテートしますが、続きは「ハラハラの半熟たまご編」でお伝えします。ご期待ください。

「研修医はじめの一歩Blog」

「研修医はじめの一歩」のBlogを始めました。
書籍に掲載されている日記部分を毎日(土日を除く)更新しています。
ぜひご一読下さい。解説部分につきましては、書籍をご購入下さい。
研修医はじめの一歩ブログ
 
contents

 

  • 【最初の1週間】
  • ・研修初日は何時にどこに行けばいいのか
  • ・研修初日はどんな服装で行くべきか
  • ・研修前にローテーションする科の部長に挨拶すべきか
  • ・初日のガイダンスの後、病棟に挨拶に行くべきか
  • ・初日はいつ帰れるのか? 初日の夕飯は?
  • ・2日目からは何時にどこに、どんな服装で行けばいいのか
  • ・病院のガイダンスは必ず受けなければいけないのか
  • ・臨床研修のポイントはルーチンワークを早く覚えること
  • ・1週間を過ぎると流れがわかり落ち着く

  • 【マナー、服装】
  • ・研修初日はどんな服装で行くべきか
  • ・2日目からは何時にどこに、どんな服装で行けばよいのか
  • ・はじめて行く場所では、必ず挨拶を!
  • ・医師には爪切りなどの身だしなみも必要
  • ・診療中のマスク着用について

  • 【生 活】
  • ・研修生活は実家とレジデントハウスのどっちが便利か
  • ・研修医の普段の夕食はどんな感じなのか
  • ・研修生活での一日の仕事の終わりはいつなのか
  • ・社会人として社会情勢を知ることも必要
  • ・研修中、平日の昼間に院外に出たいときはどうするのか
  • ・研修医に眠る時間はあるのか
  • ・洗濯する時間や部屋の掃除の時間はあるのか
  • ・初任給はいくら位なのか
  • ・研修中に友人の結婚式のため地元に帰ることはできるのか
  • ・お金をおろす時間があるのか
  • ・医者のコンピューターはMacなのか
  • ・体調を崩したり、風邪をひいたら仕事を休むことは可能か
  • ・勧誘の電話には注意が必要
  • ・自分宛の荷物や手紙はどこに届くのか

  • 【必需品】
  • ・研修医の普段の持ち物は
  • ・病棟に自分の名前の印鑑を一つ置いておく

  • 【休日、休暇】
  • ・休日の研修生活はどんな感じなのか
  • ・外で買い物をする時間はあるのか
  • ・休日にやっておいた方がいい病棟業務は
  • ・休めるときに休むのも研修のコツ
  • ・研修医に夏休みはあるのか
  • ・研修医の年末年始は

  • 【心構え、勉強法】
  • ・携帯用の自分ノートとは
  • ・上級医が先に指示を出していた
  • ・知らないことは研修医の恥ではない
  • ・「よく走ること」とはどのような意味か
  • ・朝、誰よりも早く患者さんの回診をする
  • ・チーム回診は研修医の腕の見せどころ
  • ・わからないことは「わからない」とはっきり言う
  • ・「エッセン」とはどのような意味なのか
  • ・研修中の勉強法のコツは
  • ・研修に役に立つ本の見つけ方
  • ・学生時代の成績の良し悪しは一度リセットする
  • ・頑張っている姿は必ず誰かが見てくれている
  • ・研修中に大切なことは「失敗から何を学ぶのか」ということ
  • ・プロであることの自覚が必要
  • ・医師賠償責任保険は入るべきか
  • ・研修医は日々、研修態度を評価されている
  • ・怒られた数が伸びる力。怒られなくなったら終わり
  • ・2年上の人と勝負を
  • ・疑問はその日のうちに解決を
  • ・ベストを選ばなくてもベターを選べるセンスの育成が重要
  • ・苦しいときに頑張れるかで、その後の自分が変わる
  • ・研修中に浮かび上がった疑問の解決方法は
  • ・病棟でアンテナを張り、常にいることが重要

  • 【恋愛、結婚】
  • ・忙しい研修生活で遠距離恋愛は可能なのか
  • ・子供がいても研修は可能か
  • ・結婚していても研修は可能か

  • 【同僚、指導医、上級医】
  • ・研修医の同期はライバルであり、戦友。協力し合う
  • ・チュウベン、オーベン、ウンテンとは何か
  • ・他科の先生と友達になる方法
  • ・他医院の研修医との交流を持つ
  • ・部長、医局、医局長とは
  • ・病棟で夕食や飲み会に誘われたらどうするか
  • ・他科コンサルトとはどのようなものか
  • ・他科コンサルト枠が一杯だったときの裏ワザ
  • ・上級医が話している略語がわからないとき

  • 【看護師、コメディカル】
  • ・同期入社の看護師さんとも仲良くした方がいいのか
  • ・看護師さんの勤務システムは
  • ・看護師さんの仕事体制は
  • ・研修医と看護師さんとの関係は
  • ・看護助手さんとはどんな人
  • ・病棟クラークさんとはどんな人
  • ・研修医にとって病院の中の人はすべてが先生
  • ・栄養士さんとはどんな人? 栄養指導とは何のこと
  • ・WOCナースとはどんなことをする人か
  • ・納得がいかないことに遭遇したときの注意点
  • ・放射線技師さんなど、仲の良い人を病院内にたくさん作る

  • 【患 者】
  • ・患者さんをストレッチャーで移送するときの頭の方向は
  • ・入院時持参薬はどうなるのか? 薬の「一包化」とは
  • ・死亡確認は研修医が行っていいのか
  • ・死亡確認の行い方は
  • ・患者さんの死について
  • ・お見送りとは
  • ・病理解剖(ゼク)について
  • ・診療中のマスク着用について
  • ・研修医が検査結果を直接患者さんに説明していいのか
  • ・医師賠償責任保険は入るべきか
  • ・診療は拒否できないが、どうしても困ったときはどうするか
  • ・朝の一般外来が始まる間際に来院した救急患者さんの対応
  • ・患者さんにお菓子をもらったらどうするか
  • ・プライベートで患者さんに会って問題にならないか
  • ・顔を忘れてしまった患者さんから声をかけられた

  • 【病院(設備、組織、行事)】
  • ・病院のガイダンスは必ず受けなければいけないのか
  • ・病院にある特別室とは
  • ・エレベーターの緊急用秘密ボタン
  • ・病院内のエレベーター使用について
  • ・病院内に喫煙できる場所はあるのか
  • ・入院患者はすべて禁煙ではないのか
  • ・薬事委員会とは何か
  • ・衛生委員会、医療安全管理委員会とは何か
  • ・部長会議とは何か
  • ・病院の外来とは
  • ・病院の検査室とは

  • 【病棟業務】
  • ●診断書などの書類・電子カルテ関連
  • ・電子カルテに振り回されないように
  • ・カルテの書き方は
  • ・研修医が診断書、公的文書を記載してもいいのか
  • ・死亡診断書は研修医が記載していいのか
  • ・身体障害者認定の診断書とは
  • ・サマリーとは何か
  • ・クリティカルパスって何もの
  • ・外出・外泊許可書とは何か
  • ・温度板からわかること、わからないこと
  • ・入院予定患者表を探せ!
  • ●患者さんへの指示・オーダーなど
  • ・絶食と絶飲食。内服のみ可とは
  • ・食上げとは
  • ・検査の前に食事をしていいかの判断は
  • ・検査待ち食とは何か
  • ・安静度とは何か
  • ●連 絡
  • ・外出中に病棟から指示を求められたときはどうするのか
  • ・病棟から電話があったら必ず診察しに病棟へ行くべきか
  • ・外出先から病棟に電話をしたい場合はどうするのか
  • ・院外にいるときに、病棟から呼ばれるのは携帯電話、PHS?
  • ・病院外にいるときに電話で知らない薬の名前を言われた
  • ・病棟で急変時に研修医が呼ばれないことは悲しいこと
  • ・院内での人の探し方
  • ・病棟で鳴った電話は取るべきか
  • ●円滑な業務遂行
  • ・休日にやっておいた方がいい病棟業務は
  • ・病棟での物の置き場所を知れ
  • ・病棟にある役に立ちそうな資料はコピーして持ち歩く
  • ・病棟以外に研修医の居場所はあるのか
  • ・病棟業務中、喉が乾いたらどうするか
  • ・自科専用病棟と他科との混合病棟の違い
  • ●感染対策
  • ・包交、包交車とは
  • ・廊下にあるアルコールは何のためにあるのか
  • ・病棟でゴミを捨てるときの注意点は
  • ●検 査
  • ・被曝量の測定バッジ(フィルムバッジ)とは
  • ●ICU
  • ・ICU病棟とは
  • ・ICUの看護師さんが厳しくて冷たく感じるのはなぜ
  • ・ICU病棟には泊まるところはあるのか

  • 【採血、点滴などの手技】
  • ・末梢点滴ライン確保の心得
  • ・研修医はいきなり採血をしていいのか
  • ・点滴は何回までは失敗していいか
  • ・手技に悩んだとき、自分はうまいのだと暗示にかける
  • ・早く検査や手技をやらせてもらうには
  • ・時間のあるときは他チームの手技、検査時は見学を!
  • ・看護師さんは点滴ルート確保や採血はしてくれないのか
  • ・動脈血採血の方法、測定場所は
  • ・新しい手技を会得する一番の近道は何か
  • ・使い捨てのサージカルマスクが病棟や外来にある
  • ・研修医が薬剤を溶解したりして点滴を作ることがあるのか
  • ・薬剤を生理食塩液で溶解するとは
  • ・手技に失敗したときの手を代えるタイミングは

  • 【当 直】
  • ・当直はどれくらい忙しいのか。眠れるのか
  • ・病院には当直室のほかに泊まれるところはあるのか
  • ・風呂は入れるのか
  • ・研修医は1か月にどれくらい当直があるのか
  • ・骨折の判断についての注意点
  • ・急患室から呼ばれたら研修医はまず何をすべきか
  • ・病院の検食とは何か

  • 【手 術】
  • ・病棟業務をしなくてもいい手術中は安らぎの時間
  • ・手術室への入室時間。研修医が手術に入るタイミングは
  • ・研修医が手術中にできること、すべきことは何か
  • ・手術中、病棟業務中にトイレに行きたくなったら
  • ・緊急手術のとき、どこに連絡すればいいのか
  • ・緊急手術では最終経口摂取時間の問診が重要
  • ・手術中、患者さんの家族はどこで待っているのか
  • ・手術の「足台」とは
  • ・手術室に入る科をローテートしたときの注意点
  • ・検体整理とは? その注意点は

  • 【学会、論文、研究会、カンファレンス】
  • ・カンファレンスの準備とはどのようなものか
  • ・研修医の入会すべき学会は何か
  • ・学会の専門医とは
  • ・学会に行くためには
  • ・学会発表をゲットするには
  • ・PubMedとは何か
  • ・学会の「抄録」とは何か
  • ・研究会とは何か
  • ・薬の説明会とは
  • ・論文は書けるのか
  • ・研究はできるのか

  • 【巻末特集:末梢点滴ライン確保の心得】
  • 1.末梢点滴ライン確保とは?
  • 2.点滴の道具は?
  • 3.実際の手順は?
  •  1)刺入前の準備をする
  •  2)自己暗示をかける
  •  3)焦らず血管を探す
  •  4)血管を出す努力をする
  •  5)いよいよ刺入。その前に……
  •  6)血管を逃がさない
  •  7)失敗したらひと呼吸おく
  •  8)手を代える勇気を持つ
  • 4.こんなときどうするのか?