書籍紹介

リブロ・サイエンスの書籍


表紙を拡大する

新・即戦力 !! リブロのアイメディスン     

iMedicine
第2巻・呼吸器

ISBN978-4-902496-23-9
定価:本体5200円+税、B5判、260頁、フルカラー
発売:2008年9月、著:東田俊彦(MAC)

正誤表はこちらをご覧ください。

「見る見る」うちに理解する呼吸器の「強化書」

  • シリーズ待望の第2弾。生涯教育の一助に。
    イラスト約170点+写真約300点によるビジュアルな編集。
  • 総論は基礎から臨床への架け橋。イラストを多用し、分かりやすさを追求。
  • 各論は病態生理を重点執筆したので、診断・治療の理解がより一層深まる。
  • 理論に裏打ちされて描かれたイラストだから分かりやすい。
  • 丁寧に解説された画像所見を読めば画像読影力に磨きがかかる。
  • 「サーファクタントとは?」「PaO2とは何を意味するか?」「N-95マスクの“N”とは?」
       など素朴な疑問を「Q&A」「Basic」「Break」コーナーで解説。


contents

【総 論】

  • 1.臨床医学への誘い
  • ・呼吸器系とは?
  • ・呼吸システムの構成
  • ・内呼吸と外呼吸
  • 2.構 造
  • ・解剖、組織
  • ・発 生
  • 3.機 能
  • ・呼吸生理
  • ・呼吸器系の生体防御系
  • 4.身体所見(症状、症候)
  • 5.診 察
  • ・視診、触診
  • ・胸部打診
  • ・聴 診
  • 6.検 査
  • ・機能検査
  • ・画像診断
  • ・内視鏡検査
  • ・検体検査
  • 7.病 態
  • ・換気障害
  • ・拡散障害
  • ・血流障害
  • ・呼吸不全
  • ・酸塩基平衡
  • 8.治療総論
  • ・呼吸不全の治療
  • ・換気の改善
  • ・気管支鏡治療
  • ・胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
  • ・手 術
  • ・禁 煙

【各 論】

  • 1.呼吸器感染症
  • ・かぜ症候群(普通感冒)
  • ・インフルエンザ
  • ・急性気管支炎
  • ・急性細気管支炎
  • ・クループ、急性喉頭炎
  • ・肺炎(総論)
  • ・肺炎(各論)
  • ・肺炎球菌性肺炎
  • ・インフルエンザ菌性肺炎
  • ・黄色ブドウ球菌性肺炎
  • ・連鎖球菌性肺炎
  • ・肺炎桿菌肺炎(クレブシエラ肺炎)
  • ・レジオネラ病(在郷軍人病)
  • ・モラクセラ肺炎
  • ・緑膿菌性肺炎
  • ・嫌気性菌肺炎
  • ・ノカルジア肺炎
  • ・マイコプラズマ肺炎
  • ・クラミジア肺炎
  • ・ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)
  • ・ウイルス性肺炎
  • ・肺化膿症、肺膿瘍
  • ・肺真菌症(総論)
  • ・肺真菌症(各論)
  • ・肺結核
  • ・非結核性抗酸菌症(非定型抗酸菌症)
  • ・肺吸虫症
  • 2.アレルギー性呼吸器疾患
  • ・気管支喘息(喘息)
  • ・アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
  • ・好酸球性肺炎、PIE症候群
  • ・過敏性肺臓炎
  • ・サルコイドーシス
  • ・Goodpasture症候群
  • ・アレルギー性肉芽腫性血管炎、Churg-Strauss症候群
  • ・Wegener肉芽腫症
  • 3.機能性換気障害
  • ・睡眠時無呼吸症候群
  • ・過換気症候群
  • 4.閉塞性換気障害
  • ・肺気腫(COPD)
  • ・慢性気管支炎(COPD)
  • ・びまん性汎細気管支炎
  • 5.拘束性換気障害
  • ・特発性間質性肺炎、特発性肺線維症
  • ・特発性器質化肺炎
  • ・肺好酸球性肉芽腫症、肺Langerhans組織球症
  • ・放射線肺炎
  • ・じん肺
  • 6.血管性病変、肺循環障害
  • ・肺塞栓、肺梗塞
  • ・原発性肺高血圧症
  • ・肺動静脈瘻
  • ・肺水腫
  • ・急性呼吸窮迫症候群
  • 7.肺腫瘍
  • ・原発性肺癌
  • ・カルチノイド
  • ・転移性肺腫瘍
  • ・肺良性腫瘍
  • 8.縦隔疾患
  • ・縦隔腫瘍(総論)
  • ・縦隔腫瘍(各論)
  • ・急性縦隔洞炎、縦隔洞膿瘍
  • 9.胸膜病変
  • ・気 胸
  • ・胸 水
  • ・膿 胸
  • ・悪性胸膜中皮腫
  • 10.その他の呼吸器疾患
  • ・無気肺
  • ・嚢胞性肺疾患
  • ・気管支拡張症
  • ・リンパ脈管筋腫症、過誤腫性肺脈管筋腫症
  • ・肺分画症
  • ・肺胞蛋白症
  • ・気管支異物