書籍紹介

リブロ・サイエンスの書籍


表紙を拡大する

コア・カリキュラム対応            

共用試験対策シリーズ
第9巻・免疫・アレルギー疾患(第2版)

ISBN978-4-902496-49-9
定価:本体4500円+税、B5判、250頁、2色刷
Net CBTアクセス権付
発売:2014年2月
著:東田俊彦(MAC)
画:永井恒志・泉本典彦

  • 平成17年度から本格導入された共用試験対策の問題集です。
  • 復元問題と質の高いオリジナル新作問題(合計153題)を収録。
  • 実際の試験は、コンピュータを使って行われる(CBT;computer-based testing)ため、
        それを模したNet CBTによる模擬トレーニングを付録に付けました。
  • 文部科学省の「医学教育コア・カリキュラム」というガイドラインの全項目に完全に準拠しました。
  • テーマ毎に【ポイント+イラスト+一般問題+臨床問題】の構成。
  • ビジュアルな編集を心がけ、印象的でユニークなイラストによってイメージとして
        疾患概念を捉えられるよう工夫しました。
        →サンプル1(PDF書類、約400k)

Net CBTの特徴

書籍の付録として付けていた模擬トレーニングCD-ROMは、第2版よりインターネットによる新しいサービス”Net CBT”に移行しました。
書籍巻末に綴じ込んであるアクセスナンバーを入力してご利用下さい。
ご利用可能期間:次の改訂版(第3版)が発行されてから3か月後まで。

NetCBTのページへ進む

contents

【診断と検査の基本】

  • (1)自己抗体の種類と臨床的意義を説明できる。

【病態と疾患】

  • 1.自己免疫疾患一般
  • (1)膠原病と自己免疫疾患を概説し、その種類を列挙できる。
  • (2)関節炎をきたす疾患を列挙できる。
  • (3)レイノー症状を説明し、原因疾患を列挙できる。
  • 2.全身性エリテマトーデス
  • (1)全身性エリテマトーデスの病態生理、症候、診断と治療を説明できる。
  • (2)全身性エリテマトーデスの合併症(中枢神経ループス、ループス腎炎)を説明できる。
  • (3)抗リン脂質抗体症候群の病態生理、症候、診断と治療を説明できる。
  • 3.全身性硬化症(強皮症)、皮膚筋炎・多発性筋炎
  • (1)全身性硬化症(強皮症)の病態生理、症候、診断と治療を説明できる。
  • (2)全身性硬化症(強皮症)の臓器病変(特に肺・腎)を説明できる。
  • (3)皮膚筋炎・多発性筋炎の症候、診断と治療を説明できる。
  • 4.関節リウマチ
  • (1)関節リウマチの病態生理、症候、診断、治療とリハビリテーションを説明できる。
  • (2)関節リウマチの関節外症状を説明できる。
  • (3)悪性関節リウマチの症候、診断と治療を説明できる。
  • (4)若年性関節リウマチの特徴を説明できる。
  • (5)成人スチル病を概説できる。
  • 5.血管炎症候群、シェーグレン症候群、ベーチェット病とその他
  • (1)混合性結合組織病(MCTD)の病態生理、症候、診断と治療を説明できる。
  • (2)血管炎症候群を列挙し、その病態生理、症候、診断と治療を説明できる。
  • (3)シェーグレン症候群を概説できる。
  • (4)ベーチェット病を概説できる。
  • (5)川崎病(小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群)の病態生理、症候、診断と治療を説明できる。
  • 6.アレルギー
  • (1)アレルギー疾患の特徴とその発症を概説できる。
  • (2)アナフィラキシーの症候、診断と治療を説明できる。
  • (3)薬物アレルギーを概説できる。
  • 7.先天性免疫不全症
  • (1)先天性免疫不全症の病態、診断と治療を説明できる。